予防歯科・訪問診療

  • HOME
  • 予防歯科・訪問診療
いっけん問題なさそうに見えますが・・・・・・X線写真で見ると歯を支える骨がなくなってきています
歯周病の原因菌を含むプラーク(細菌のかたまり)によって炎症が起こります  生活習慣によっては、歯周病を悪くさせるものもあります  左:健康な状態  右:歯周病にかかった状態

歯肉炎~軽度の歯周炎

歯と歯ぐきの間にプラークがたまって歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。歯を支える骨にはまだあまり影響がありません。
歯と歯ぐきの間にプラークがたまって歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。歯を支える骨にはまだあまり影響がありません。

中等度歯周炎

歯周ポケットが形成され歯石が深部まで付着し歯を支える骨を半分くらい失っています
歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し、歯を支える骨を半分くらい失っています。

重度歯周炎

歯を支える骨がなくなってきて歯がぐらつき、このまま放っておくと歯が抜けてしまいます。歯ぐきが下がる、膿がでるなどの症状もみられます
歯を支える骨がなくなってきて歯がぐらつき、このまま放っておくと歯が抜けてしまいます。
歯ぐきが下がる、膿がでるなどの症状もみられます。

虫歯の予防について

虫歯(う蝕)の4つの原因

虫歯(う蝕)の4つの原因
虫歯の予防は、4つの原因を考えることでその具体的な方法が理解できるかと思います。

1.歯の質:歯の質を強くする

歯の表面を、虫歯菌(ミュータンス菌)の出す酸に負けないように強くすることです。ミュータンス菌は糖分を栄養として繁殖し、その際にネバネバした物質と酸を作り出します。この酸によってpH(酸性の度合い)が低くなれば、歯の表面は少しずつ溶かされてしまいます。歯の表面にフッ素を作用させると、酸に強くなる作用がありますので、フッ素入りの歯磨き剤を使用したり、フッ素のお薬を塗布することで歯の質を強くします。

2.口内の細菌:お口の中の細菌(ミュータンス菌)を減らす

お口の中にはおよそ1,000種類もの細菌が定着しています。その中でも、ミュータンス菌と呼ばれる種類の細菌が特に虫歯の原因になることが分かっています。(厳密には、色々な菌のバランスが関係しており、一概にミュータンス菌だけが悪玉菌というわけではないですが、ここでは割愛します。)

そこでミュータンス菌を口の中からできるだけ除去してあげれば良いのですが、リステリンやモンダミンに代表されるマウスリンス剤ではあまり除去できません。ミュータンス菌が産生するネバネバ物質は、さらに多くの細菌がまとわりついて細菌の塊となり(これをプラークといいます)、プラークは歯に強固にこびりついていますので、歯ブラシや糸ようじなどで物理的に落とすのが効果的です。きちんと歯磨きをして、できるだけプラークを口内に残さないことが重要です。これをプラークコントロールといいますが、ご自宅でできる虫歯予防の要になります。

3.摂取する糖分:糖分の量より「頻度」を減らす

甘いものが虫歯の原因になるのは昔から知られています。先にも挙げたミュータンス菌は、糖分を栄養として繁殖し、ネバネバ物質と酸を作り出し、やがて歯の表面にプラークが形成されます。

ここで多くの人が勘違いしているのですが、糖分の量よりも、その回数・頻度が重要です

糖分というとチョコレートやケーキなどを想像すると思いますが、普通のお食事においても糖分は含まれています。味付けに砂糖を使う料理は数多くあります。また、ここでいう糖分の摂取頻度とは、食事・間食に加えて、飲み物も勘定することになります。

「甘いものは好きではない」という男性が、虫歯ができて来院されることがありますが、よく話を聞いてみると、仕事の合間に砂糖の入った缶コーヒーを飲んでいた、なんてこともあります。この場合、食事の回数にプラスして、コーヒーを口にする回数(飲んだ本数ではない)をすべて勘定すると、かなり糖分を頻繁に摂取していることになりますので、それが原因で虫歯ができた可能性が高いのです。

最近はペットボトルで手軽に飲み物を摂取できますが、一気飲みする方はあまりいませんよね?
コーラに代表される炭酸飲料はものすごい量の糖分(およそ10%。500mlのペットボトルで約50gの糖分!)が入っています。100%果汁や野菜ジュースにも糖分はかなり多く含まれていますが、通常数回に分けて飲みますから、そのたびにミュータンス菌が繁殖し、歯が溶かされてしまうのです。

糖分は生きるのに必要なエネルギー源ですが、口にするたびにミュータンス菌に餌を与えているのと同じことですから、なるべく摂取頻度を減らしましょう。これをシュガーコントロールといいます。

4.歯を磨かない時間:毎日「正しく」歯磨きをしましょう

歯磨きの習慣に関しては、多くの人が勘違いしていることがありますので先に訂正しておきますと、食後直ちに歯磨きをするのは、あまり好ましくありません。最近になって雑誌やTVでも取り上げられるようになりましたが、食後は唾液の力で溶けた歯の表面の修復(これを再石灰化といいます)が行われています。せっかく再石灰化が行われているのに、すぐに歯磨きをしてしまうと唾液が洗い流されてしまいます。近年の研究によりますと、食後30分間は歯磨きをしない方が良いとされています。

食事に限らず、糖分を含むものを摂取すると、ミュータンス菌などの働きで口内は酸性に傾きます。酸性に傾いた口内のpHは唾液が中和してくれますから、ここで大事なのは、唾液をしっかり出すということです。

アルコールを含む種類のマウスリンス剤は、アルコールの作用で粘膜がダメージを受けるのに加え、口内の乾燥を引き起こすことがあります。食後の喫煙もNGです!喫煙はお口の中の乾燥につながり、酸性に傾いたpHの中和が行われにくくなります。食後はつまようじなどで食べかすを取り除く程度にとどめ、ガムを咬んだり、フリスクなど刺激のあるタブレットによってしっかりと唾液を出すことが良いとされています。このように、口内を唾液で潤わして、再石灰化が積極的に行われるようにするのもとても大切なのです。

虫歯(う蝕)予防のまとめ

上記4つの原因に対する対策を1つずつ行えば良いのですが、歯の質や口内の細菌バランスにはそれぞれ個人差があります。
全くプラークコントロールができていないのに虫歯になりにくい人もいますし、シュガーコントロールを心がけても虫歯になってしまう人もいます。歯並びがキレイかガタガタしているかにもよりますし、それぞれに異なるリスクがあり、自分では気づいていない習慣が隠れていることもあります。もちろんここに書いてあることが全てではありませんし、ご自分で判断するよりは、ここでみた情報をもとに歯科医院に足を運んでもらえることが一番大切な行動です。

ビジネス雑誌で健康に関するアンケート調査が行われました。一線を退いた男女1,000人に対して「健康で一番後悔していること」という回答で最も多かったのは、「煙草をやめればよかった」「スポーツなどで鍛えていればよかった」などをおさえ、「歯の定期検診を受ければよかった」が堂々の1位だったそうです。

「歯医者は痛くなってから行く病院」という考え方は、そろそろ変えた方が良い時期ではないでしょうか?皆様の勇気ある一歩を応援しています!

訪問診療

訪問診療について

当院では通院困難な患者さんに対して訪問診療を行っています。患者さんのご自宅、高齢者施設、入院先の病院などで、虫歯治療や義歯作製、義歯の調整、口腔ケアなど、歯科医院に来院するのとほぼ同等の診療を受けることができます。(ただし歯科・歯科口腔外科のある病院には訪問診療できません)

対象となる「通院困難な患者さん」とは、介護認定を受けている要介護の方や、介護認定を受けていない方でも身体的・精神的な障害など、何かしらの理由で通院が困難な方です。また診療可能な範囲が決まっており、歯科医院から半径16km以内が原則です。一般的に医師の診断書は必要ありません。また状況によっては通院をお願いすることもあります。

口腔ケアで全身の健康管理

最近メディアでも取り上げられることが多くなってきましたが、口腔ケアをすることでQOL(生活の質)の向上や、肺炎予防の効果が認められています。特に体力や免疫力の落ちている高齢者にとって、お口の中の細菌は誤嚥性肺炎の原因になるばかりでなく、心臓病や血管疾患の原因にもなることが知られています。

咀嚼(そしゃく)の重要性

よく噛むことは、単に栄養を体に取り入れるためだけでなく、全身を活性化させるのに重要な働きをしています。特に噛むことによって分泌される「唾液」は食べカスなど汚れを洗い流して、細菌の繁殖を抑える効果もあり、虫歯・歯周病・口臭の予防につながります。また顎を動かすことは脳への血流増加になり、脳の刺激にもなるので認知症予防になると期待されています。

治療費に関して

歯科医院に通院する場合と同様で、医療保険が適応となります。生活保護の方でも、福祉事務所に医療券を申請することで受診可能となります。自己負担割合(1~3割)やお口の中の状況によってかかる費用は異なりますので、詳しくは当院にお問い合わせください。

  

お問い合わせ

TEL:086-222-0045

休診日:日曜日、祝日